フィルタ特注事例

CASE STUDY -FILTER

お客さまのご要望に応じて制作

特注フィルタを1本より制作うけたまわります

興和金網ではお客さまのご要望に応じたサイズのフィルタを1本より製作致します。

円筒型(フラットタイプ) フラットタイプの円筒型フィルターです。ろ過面積は少ないですが、洗浄性を良くしたいご要望をいただきこの形状を採用していただいています。繰り返し使用する用途にはこの形状が便利です。また、このタイプは簡易な構造ですので、ご要望のサイズに柔軟に対応できます。
円筒型(フラットタイプ) ご採用されていたフィルタが生産中止になってしまったと弊社に相談がありました。
両側のプレートを加締めてフィルターを製作しています。機器側の形状に合わせるため、少し特殊な形状となっています。
ぎりぎりお客様のご予算にあわせることができました。
円筒型(プリーツタイプ) いまお使いのフィルタのろ過精度を変更したいというご要望があり、製作しました。
取り合いも現状の形状に合わせて製作可能です。
円筒型(プリーツタイプ) いまお使いの糸巻フィルタでは粗いフィルタのモノがないと弊社にご相談がありました。プリーツタイプでもサイズ変更が容易な接着式で製作しました。ステンレスフィルターは対象物が粒子が大きいものでも、高いろ過精度が得られます。
初回は高さ寸法が合わず、つかえないとご連絡があり、お客様の既存の設備にあわせ、微妙な高さ調整しました。
円筒型(プリーツタイプ) 20インチのカートリッジフィルタです。
ハウジングも製作可能です。
円筒型(プリーツタイプ) クーラント液のろ過装置に採用していただいた600φの大型のドラムフィルタです。この大型ドラムを回転させて切粉を搬送する仕組みになっています。ろ材は、波形形状に加工して、切り粉を保持やすい形状としています。
バスケット型フィルタ 一般的なバスケットフィルタです。
対象物が固く、ろ材を傷つけやすいとのことで、目開きしにくいように焼結金網を使用しています。
バスケット型フィルタ いまお使いの布のフィルタからの金属製フィルタを使ってみたいというご相談です。
バスケット型フィルタ 大型のバスケットフィルタです。
金網交換にも対応できる作りになっておりますので、金網部分が破損した場合、張り替えも可能です。
ディスク型フィルタ ろ過器のフィルタとしてお使いいただいています。
裏側に見えている十字が補強になっていて、ろ材は金網の丸カットしただけのフィルタです。ろ材は再利用が難しいため、できるだけろ材のコストが低くなるような構成としています。
ディスク型フィルタ パンチング材とろ材をフレームで固定したタイブのフィルタです。
大きいものは、1m超えのサイズもございます。